二日酔いの予防と対策――飲み会シーズンに向けて

二日酔いの予防と対策――飲み会シーズンに向けて

宴会

年末年始は、職場の飲み会や、家族や親せきが集まるお酒の席が多くなります。
だからこそ、二日酔いだけは避けたいですよね。
ここでは簡単にできる二日酔い対策をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

二日酔いはなぜ起こる?

そもそもなぜ二日酔いが起こってしまうのでしょうか。
原因は様々だと考えられていますが、脱水が原因になることが多いようです。

アルコールには利尿作用があります。
飲酒をすることにより、飲んだ水分より多い水分を排出してしまい、結果脱水が起こってしまうのです。
脱水症状になると、頭痛や吐き気、体がだるくなるなどといった症状が二日酔いとして現れます。

もう一つ、二日酔いを引き起こす原因として考えられているものがあります。肝臓でアルコールが分解される際に生じる物質、アセトアルデヒドです。
飲んだお酒のアルコールの分解が終わってもなお、このアセトアルデヒドが体内に残り続けてしまい、二日酔いの症状が起こってしまうのです。

飲む前の予防

二日酔いはなるべくなりたくないもの。 そのためにも、飲む前からしっかりと予防をしておきましょう。

まず大事なのは、アルコールの過剰な吸収を抑制することです。
アルコールは空腹だと吸収が早まってしまうので、飲酒前に少量でも食事をとっておくのがよいでしょう。
中でも脂肪は胃の中でほとんど消化や吸収がされないので、オリーブオイルを使用したサラダなどを前もって食べておくことをおすすめします。

どうしても空腹の状態で飲みはじめることになった場合は最初からピッチをあげず、まずは突き出しや料理などをおなかに入れて、すこし空腹がおさまってからアルコールメインにシフトしましょう。

飲みながら対策

もちろん、飲んでいる最中にもできる、二日酔い対策はあります。

炭酸飲料や温かいお酒は、アルコールの吸収を早めます。
なので、ソーダ割りではなく水割り、熱燗ではなく冷酒にしたりとお酒のチョイスを考えてみましょう。

そして、飲酒中の運動はアルコールの回りを早めます。
飲んでいることからだんだんと楽しくなってくると思いますが、飲酒中は激しい運動はせずに、落ち着いて飲みましょう。

二日酔いになってしまったら?

いくら予防をしていても、二日酔いになってしまうときもあります。もしなってしまった場合、苦しい二日酔いから早く解放されるためにもやっておきたいことがあります。

有名なのは、しじみを食べることです。
しじみにはアルコールの分解を早めてくれる成分が入っているので、味噌汁にして飲むことをおすすめします。

脱水症状に陥っている場合は、速やかに水分を補給する必要があります。その際に適しているのがスポーツドリンクです。
スポーツドリンクには失われた水分を素早く補給する機能があります。

今はコンビニなどで二日酔い用のドリンクも売られています。アルコールの分解を促し、アルコールで失われてしまった栄養素も補給できる優れものです。 手軽に買うことができるので、このような商品を積極的に利用しても良いですね。

体の中から二日酔いを追い出すことも大切ですね。
二日酔いに効く、太衝というツボをご紹介しましょう。
ここを刺激してあげることで肝臓の働きを活性化し、体に残った毒素を分解する速度をあげるそうです。

このツボは二日酔いだけでなく頭痛や生理痛にも効くそうです。
万能のツボとして覚えておきたいですね。

いかがでしたでしょうか。 二日酔い対策は簡単に出来ます。二日酔いを避け、あるいは抑えて、翌日もすっきり快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る