ヨーグルトは、忙しい朝の強い味方!

ヨーグルトは、忙しい朝の強い味方!

朝食を食べることはとても大事だとよく言われます。
ですが、朝の早い学生や社会人の方ですと、なかなか毎日しっかりと食べることは難しいですよね。
時間のなさから朝食を抜いてしまう人も多いと思います。

しかし、朝食をしっかり食べないと栄養バランスも崩れますし、午前中に頭が働きにくくなってしまいます。
今日は時間がない方におすすめな朝食を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヨーグルトは万能食

栄養も高く、健康に良いとされているヨーグルト。
パックで小分けになっているものも販売されているので、時間がなくても食べやすいですよね。

しかし、ヨーグルトだけですとさすがに腹もちはよくありません。

お腹をそれなりに満たすためにも、お好きなシリアルと混ぜて食べるのが良いでしょう。
特に、食物繊維が含まれているシリアルでしたら、腸内環境も良くなります。

ヨーグルトが苦手でも

中にはヨーグルトがあまり得意ではない方もいると思います。

今はプレーンのヨーグルトだけではなく、様々なフルーツが入ったヨーグルトも販売されています。
プリンに近いようなかためのものや、生クリームが入っていて、食べやすいものもあります。

あれこれ試して、自分に合ったヨーグルトを見つけていきましょう。

ヨーグルト+バナナ

ヨーグルトに自分の好みのフルーツを入れることは多いと思います。
いちご、ラズベリー、ブルーベリー。桃やキウイ、季節のフルーツなども。
中でも一番人気なのがバナナです。
手軽に購入することができ、食べやすいことが人気の理由でしょう。

バナナは栄養価が高く腹もちも良いので非常におすすめです。
特に夏は、凍ったバナナとヨーグルトをジューサーで混ぜ、シナモンをかけてスムージーにして飲むことにハマっていました。

しかし、そのまま混ぜて一緒に食べてもおいしいのですが、いつも同じだと飽きてきてしまいますよね。

ですが心配はご無用。
じつは、ヨーグルト+バナナは非常にアレンジのきくコンビなのです。

いくつかご紹介しましょう。

まずはハチミツ。
プレーンの酸味があるヨーグルトにバナナを入れ、ハチミツをお好きなだけかけてください。
これだけでマイルドな甘さになり、香りが食欲をそそります。

お次はきな粉です。
こちらは女性に嬉しいイソフラボンが摂取できます。
大豆製品や豆乳が苦手でも、きな粉でしたら食べやすいですし、砂糖を少量混ぜるだけでスイーツのような味わいになります。
せっかくの和風ですから、黒蜜なんかもいいですね。
健康的な朝食になることでしょう。

そして最後に、男性にもおすすめなのがバナナヨーグルトトーストです。

ヨーグルトとバナナを混ぜて、そのままトーストに乗せるだけです。
あまり美味しそうに聞こえないかもしれませんが、美味しいんです。
少し焼いて、お好みでシナモンやチョコレートソースをかけてもいいでしょう。
朝からがっつりなので、かなりお腹もちもいいです。

いかがでしたでしょうか。
今まで朝食をとる習慣がなかった方も、時間がなかった方も、ヨーグルトなら手間をかけずに食べられそうではないでしょうか。

週末など時間のとれる時に自作ヨーグルトを作っておけば、さらに毎朝の食事がヘルシーに!
ぜひ、健康のためにもお試しください。



スポンサーリンク

フォローする

トップへ戻る